アルバイトに関する私見

副業でも人気の日払いバイトは都合いい!!

日払いバイトは自分の都合で働けますし、面倒な人間関係がありません。

 

特別なスキルを必要としない簡単な作業が多いので、かなり人気があります。

 

働いてすぐ給料を貰えるという有り難さも人気の理由です。

 

日払いをメインのバイトと考えず、例えばレギュラーのバイトは給料がイマイチという時に、日払いバイトと掛け持ちするという考えもあります。

 

 

サラリーマンやOLは案外仕事時間がきっちりしているので、その後で日払いバイトを入れる、所謂ダブルワークとしても人気です。

 

学業優先な学生が日払いバイトでちょっと稼いだり、家事・育児優先な主婦が暇を見つけて日払いのバイト。これも人気です。

 

 

しかし注意事項も必要です。副業の場合は税金対策をしっかり行う事、本業に支障をきたさない事、もしも日払いバイトで生活をしたいと考えているのなら結構大変です。日払いバイトは大半が派遣なので、派遣先から仕事の依頼がなければ収入ゼロです。身体を壊しても収入ゼロですし、ボーナスゼロ、有給ゼロ、各種補償や手当もゼロです。

 

この様に、日払いバイトはあくまでサブ的な捉え方をした方が良いでしょう。特に学生さんにはお勧めです。日払いで色んな職種を経験し、自分の興味や適性を見極めると良いです。その中から長期で続けられるバイトをチョイスするのもアリですね。

 

 

お給料が気になるのは分かりますが、それだけを気にせずに色々な経験をするのが成功のカギだと思います。日払いバイトを若い内にどんどん経験して、自分の経験値をUPさせましょう。

 

 

 

サラリーマンの副業が増えているのは必然か・・副業の注意点

社会人でも副業をしたいと考えている人は多いと思います。まず社会人副業の注意点を考えてみましょう。

 

※基本的に会社で副業を許しているケースは少ないです。副業スタートの前に、改めて会社の規約に目を通してみて下さい。もしも副業を許していない会社だった場合、安易にアルバイトや工場で働くのは危険です。職場は違えど会社は一緒という人も沢山いて、自分は知らない人でも相手は自分を知っている事が結構あります。どうしてもアルバイトがしたいのなら、絶対にバレないと確信できる場所でひっそり行うのが無難です。一番良いのはネットなどを使い、自宅で副業する事です。それなら会社にもバレにくいでしょう。但しサラリーマンが副収入を得た場合、その税金が20万円を超えると確定申告をする必要性があります。あまり多く稼がない様に注意するか、確定申告を自分で行って、副業分の住民税は自分で直接納税という形を取って下さい。

 

※結構多いのが、休養の時間を副業に取られて体調が崩れる人達です。個人的感想は登録制のアルバイトにして、休養する時間を確保する事が長く副業を続ける鍵だと思います。自分の予定に合わせてアルバイトを組み込めるのでお勧めです。どちらにしても、副業で疲れ果てて本業が上手くいかなくなってしまう事態にならない様、体調管理は十分気を付けて下さいね。

 

サラリーマンのバイト探しガイド

 

2枚目の名刺って知ってますか?

女性の間で「2枚目の名刺」という言葉がプチ流行している事をご存じでしょうか?

 

名刺なんて1枚というか1種類あれば十分なんじゃ?なんて疑問に思いそうですが、2枚目の名刺というのはいわゆるもう1種類のお仕事であり、副業を意味しています。

 

 

男性の副業は主に副収入を望んでの仕事という印象が強く、実際に家族を養うにはもう少し収入が欲しい=副業、自分が自由に使えるお金が欲しい=副業と、収入と副業が直結している事が多いです。

 

 

一方で女性はというと、副業をする事で収入増加を期待するのは勿論のこと、副業する事で人生がより一層豊かになり、本業にすら良い影響をもたらす例が多いのです。

 

 

若い女性のキャリアアップ法としても話題となっているのが2枚目の名刺、いわゆる女性の副業なのです。

 

 

ここで念を押しておきますが、ただの副業では「2枚目の名刺」を制作するまでに至りません。

 

 

何かしら社会貢献したり、自分磨きに役立ったり、そして尚且つ本業のスキルアップにも役立つ様なものでないといけないのです。2枚目の名刺を持つ生き方をしている女性に話を聞くと、とても生き生きとしていてカッコいいです。

 

 

 

最近では「パラレルキャリア」とも呼ばれるらしいです。事の発端を調べると、どうやら東日本大震災が深く関係している様です。

 

 

多数の方がボランティア活動に参加したのは記憶に新しいですが、この時に自分の出世や利益だけに固執する考えを脱却し、社会貢献しながら新しいキャリアを目指す若者が目立ち始めたとの事。

 

 

 

パラレルキャリアの具体例として、趣味に関するインターネットサイトを経営する、趣味の延長で週末だけパン教室、土日のみボランティア活動に参加するなどです。勿論本業がおろそかになっては意味がありません。

 

 

 

パラレル活動だけに突き進むのではなく、本業こそ大切にする。絶妙なやりくりを難なくやり続ける女性・・・とても輝いて見えて、眩しいくらいです。

 

 

しかし彼女達も、最初から副業と本業の両立がスムーズにいったとは限りません。

 

 

それでも自分も2枚目の名刺を持ってみたい!と思ったあなた、まずは準備から初めてみましょう。

 

 

ちょっとボランティア活動に参加してみたり、将来の為に何か興味のある教室に通ってみたり。少しずつ準備をして勉強をして、いつか素晴らしき2枚目名刺のある生き方をしてみたいものですね。

更新履歴